Event is FINISHED

ITエンジニアの最新技術活用のための6時間セミナー 「ディープラーニングによる自然言語処理とチャットBOTの基礎」

Description
ITエンジニアの最新技術活用のための6時間セミナー
ディープラーニングによる自然言語処理とチャットBOTの基礎



 2017年、ソフトウェア開発の世界は大きな変化の時期にさしかかっています。そうした中でも、多層ニューラルネットワークによる“ディープラーニング”(深層学習)の活用事例が増えているのは注目すべき出来ごとです。

 本セミナーは“深層学習”を代表するニューラルネットワークモデルであるリカレントニューラルネットワーク(RNN:Recurrent Neural Networks再帰的ニューラルネットワーク)を取り上げ、系列情報、制御、予測を行う手法を解説し、実問題を解く際に必要となる技術と知識を解説します。

<講義内容>
1. ニューラルネットワークの基礎
2. TensorFlow に用いられる計算グラフと誤差逆伝播法の理解
3. 単語埋め込みモデルによる意味表現
4. リカレントニューラルネットワークの考え方と TensorFlow による実装方法
5. リカレントニューラルネットワークを用いた自然言語処理
6. 3,4,5 を用いた自然言語処理技術を活用した対話BOTシステムの解説

 みなさまのご来場をお待ちしております。

---------------------------------------------
■ 開催概要
---------------------------------------------
【日 時】2017/1/28(土)13:00〜19:30 (受付開始・開場12時30分)
【会 場】角川第3本社ビル 3F (東京都千代田区富士見1-8-19
【参加費】16,200円(税込)

【テーマ】 ITエンジニアの最新技術活用のための6時間セミナー
     〜ディープラーニングによる自然言語処理とチャットBOTの基礎

【講 師】
浅川伸一 氏
(博士)東京女子大学情報処理センター勤務。早稲田大学在学時はピアジェの発生論的認識論に心酔する。卒業後エルマンネットの考案者ジェフ・エルマンに師事、薫陶を受ける。以来人間の高次認知機能をシミュレートすることを目指している。知的情報処理機械を作ることを通して知的情報処理とは何かを考えたいと思っている。著書に『Python で実践する深層学習』(コロナ社)、 『ディープラーニング、ビッグデータ、機械学習---あるいはその心理学 』(新曜社)。「ニューラルネットワークの数理的基礎」「脳損傷とニューラルネットワークモデル,神経心理学への適用例」いずれも守一雄他編『コネクショニストモデルと心理学 」(北大路書房)などがある。


有山圭二 氏
有限会社シーリス代表。著書に『TensorFlowはじめました 実践!最新Googleマシンラーニング』(インプレスR&D・NextPublishing)、『[改訂版]Android Studioではじめる簡単Androidアプリ開発』(技術評論社)ほか。


【総合司会】
遠藤諭(角川アスキー総合研究所)


※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。
※定員となり次第申込受付終了とさせていただく場合がございます。
---------------------------------------------
■当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします。
[スマートフォンをお持ちの方]
"PeaTiX"アプリをダウンロードしてください。アプリ内には入場に必要なチケット(QRコード)がございますのでそちらを入場時にご提示ください。
- iOSアプリはApp Storeにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!
- AndroidアプリはGoogle playにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!
(共に"PeaTiX for Orgnaizers"ではございませんのでご注意ください。)
[スマートフォンをお持ちでない方もしくはアプリをダウンロードできない方]
購入完了メール内の”ウェブで確認”より表示されるQRコードをご提示、あるいはQRコードが印刷された用紙を入場時にご提示ください。

[携帯電話(フィーチャーフォン)でお申し込みの方]
お申込み時にご登録いただくメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メール防止の為に受信設定をしているとチケットに関するご案内メールを受け取れない場合があります。受信設定をしている場合は、「@peatix.com」からのメールが受け取れるよう設定の上、支払い手続きを行ってください。
---------------------------------------------
■領収書について
原則としてクレジットカードの利用明細書、またはコンビニ決済時のレシートを領収書としてご利用いただけます。その他、Peatixでは領収書の代わりに支払いの証明として利用いただける領収データ(PDF)をダウンロードいただくこともできます。
紙の領収書が必要な方は、下記セミナー事務局までお問い合わせください。

■チケット受渡方法
チケットお申込み後、登録されたメールアドレスにQRコード付Eチケットメールをお届け致しますので、イベント当日、開場受付にてメールの画面をご提示いただくか、またはプリントアウトした用紙をお持ちください。上記でご説明しているPeatixのスマートフォンアプリが便利です。
---------------------------------------------
イベントに関するお問い合わせ先:
株式会社角川アスキー総合研究所
出版・リサーチ事業部第2セクション
TEL:03-5840-7800
メール:seminar@lab-kadokawa.com

Sat Jan 28, 2017
1:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥16,200
Venue Address
千代田区富士見1-8-19 Japan
Organizer
角川アスキー総合研究所
1,951 Followers